腹腹膜切除による完全切除率膜播種とは
2004年6月から2015年7月までに当センター(岸和田徳洲会病院)で治療した2863例のうち1733例(60.5%)に播種の切除・Ctoreductive surgery(CRS)が行なわれた。
このうち腹膜切除により1046例(60.4%)で播種と原発巣の完全切除が行なわれた(表-1)。
不完全切除の原因は小腸間膜の広範な転移・併存症例・高齢者・完全切除不可能な広範な播種などであった。特に小腸間膜の転移は胃癌・大腸癌・腹膜中皮腫で不完全切除の大きな原因であると同時に、予後不良なサインでもある。
表-1:過去8年間で治療した主な疾患と完全切除率
Copyright © 2008 NPO法人 腹膜播種治療支援機構. All rights reserved.