DSC02642.JPG
国際腹膜播種学会とは
PSOGI設立時メンバー
第1回 国際腹膜播種学会を1998年ロンドンでBill Heald (Royal College of Surgeon)が主催した。
1990年代になり、周術期化学療法と腹膜切除という新しい術式を組み合わせた包括的治療で腹膜播種患者の治癒例が報告されるようになった。この治療法の開発・普及に関わったのが、国際腹膜播種学会 Peritoneal Surface Oncology Group International(PSOGI)である。
このグループは世界11ヶ国の代表的High volume腹膜播種センターの責任者10名で組織されている。
ワシントン癌センター Paul Sugarbaker(アメリカ)、ベイシングストーク癌センター Brendan Moran(イギリス)、MDアンダーソン癌センター Santiago M Gonzalez(スペイン)、シドニー国立腹膜切除センター David Morris(オーストラリア)、ウプサラ大学外科 Haili Mathema(スウェーデン)、リヨン癌センター Oliver Glehen(フランス)、ミラノ癌センター Marcero Deraco(イタリア)、レーゲンスブルグ大学 Pompliu Piso(ドイツ)、北京腹膜播種センター Yan LI(中国)、金沢大学病院 米村 豊(日本)の10名である。
PSMOIは第1回 国際腹膜播種学会を1998年ロンドンでBill Heald (Royal College of Surgeon)が主催し、その後2年おきに世界7カ国で開催されている。2016年は第10回大会がワシントン癌センターのPaul Sugarbakerが会長で開催された。
 
フルメンバー9名.jpg
学会の業績
1)腹膜播種の分布・量を評価するPeritoneal Cancer Indexを確立普及させたこと
2)腹膜播種を安全に完全切除できる腹膜切除の開発・普及
3)温熱化学療法の有効性を証明
4)腹膜切除と周術期腹腔内化学療法を組み合わせた包括的治療の標準化
5)腹膜播種を有する胃癌・大腸癌・腹膜中皮腫・虫垂癌・卵巣がんの長期生存率を改善させたことである。
現在、ヨーロッパでは各国に1-2箇所のHigh Volume Centerがあり、これらの施設での包括的治療は、公的保険の支払い対象になっている。また、この包括的治療を行っている施設はアメリカ合衆国で50病院、ヨーロッパでは200病院で行なわれている。2010年イギリスでは、この包括的治療が大腸がん腹膜播種の最も有効な治療であると明記している(NICE interventional procedure guidance [IPG331]-1, Published date: February 2010: http://www.nice.org.uk/guidance/IPG331)。
2002年、日本で最初に腹膜播種科を標榜した静岡がんセンターの当時、副院長兼部長であった米村は、静岡がんセンターを退職後、2007年6月岸和田徳洲会病院に癌局所療法・腹膜播種センターを設立し、その後、池田病院、草津総合病院にも腹膜播種センターを開設。現在、このセンターでは、国内のみならず海外からの数多くの患者の腹膜手術を行っている国内唯一のセンターである。
また、このセンターには、外国人医師がこの治療を修得するための研修プロジェクトも行なっている。2007年から、ベルリン大学(ドイツ)、武漢大学(中国)、復旦大学(中国)、上海交通大学(中国)、タンタ大学(エジプト)、Ziekenhuis Oost-Limburg, Genk(ベルギー)、ワシントン癌センター(アメリカ)、ミラノ癌センター(イタリア)、Gregorio Maranon General Hospital, Madrid(スペイン)、Thoraco-abdominal oncosurgical Department(ロシア)、 Akademiska sjukhuset, Uppsala(スウェーデン)、SAM Anyang Hospital, Asan Medical Center(韓国)、Taichung Veterans General Hospital(台湾)、Clinic Derince Education and Research Hospital(トルコ)、Ac Camargo Cancer Center(ブラジル)、Prince Sultan Military Medical Center(サウジアラビア)などから、28人が腹膜播種治療プロジェクトの研修を受け、自国でこの包括的治療を行なっている。