腹膜播種に対する包括的治療の目的 
腹膜播種は生存率不良な疾患であるが必ずしも死を意味するものではない。疾患や播種の程度・適切な治療を行なえば長期生存や治癒することもある。
重要なことは以下の3点である。
1)播種やその他の転移(肝転移・リンパ節転移)を原発巣とともに肉眼的完全切除すること。
2)手術単独・化学療法(抗がん剤投与)・免疫療法単独では治癒することはない。
3)術前化学療法で完全切除できるように転移巣を制御してから、手術で完全切除し、術中から抗がん剤治療を開始する。
術前化学療法・手術による完全切除・術中腹腔内洗浄療法・温熱化学療法・術後早期化学療法・術後後期化学療法を組み合わせた包括的治療により腹膜播種を有する患者さんの長期予後・QOLを改善させることが最終目的である。
※癌種によって異なる場合があります。
手術までの流れ
治療の流れ3.jpg
Copyright © 2008 NPO法人 腹膜播種治療支援機構. All rights reserved.